お問い合わせはお気軽に 電話番号0797-78-1184 

平日/10:00~13:00、15:30~19:30
土・日(隔週)/9:00~12:00、13:30~17:00

休診/金曜午前、月曜・祝日、第1・3土曜・第2・4日曜

宝塚市 一般歯科 矯正歯科 インプラント 審美歯科 予防歯科

インプラント

QRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

インプラントについて

歯を失われた場所に歯の根に代わるもの(人工歯根)を埋めておき、それが骨としっかり付いた段階で人工の歯をかぶせ、天然の歯が生えていた頃と同様の機能性と美しさを回復させる治療法です。素材はチタンで、金属アレルギーの心配がほとんどなく、骨と一体化する性質があります。 部分的に抜けている方も、全ての歯が抜けてしまっている方にも最適な治療法です。

インプラント治療は、こんな方におすすめします!

  • 一番奥の歯が抜けていて、ブリッジができない。
  • 抜けている歯の数が多く、ブリッジでは支えきれない。
  • ブリッジをするために健康な歯を削りたくない。
  • 審美的に入れ歯を使うのに抵抗がある。
  • 入れ歯の着脱がわずらわしい。
  • 入れ歯が気持ち悪くて装着できない。
  • 入れ歯が合わなくなった。
  • 交通事故の外傷などで歯を失ってしまった。
  • インプラント治療が適さない場合もあります。
    インプラント治療をご希望される方は、まず歯科医師にご相談してください。

インプラント治療の流れ

インプラント手術は1回法と2回法があります。

インプラント治療の流れ[2回法]

■ 診査・診断・治療計画・術前治療
全身の健康状態や人工歯根を植え込むだけの顎の骨があるか、お口の中の状態はどうか等を十分に調べます。 むし歯や歯周病など問題があれば術前に治療を行います。

1次手術 [人工歯根の植え込み]

専用のドリルで歯槽骨に穴を開け、インプラント(人工歯根)を埋め込み、歯肉を縫い合わせてふさぎます。

3ヶ月~6ヶ月位 人工歯根と骨が完全に着くのを待ちます。

2次手術   [土台をとりつける]

歯肉を切開し、口の粘膜に埋まっていたインプラントを露出して、その上に土台を取り付けます。

歯肉の回復を待ちます。

補綴処置

土台の上に[かぶせもの]や[ブリッジ]、[入れ歯]を装着します。

術後のメンテナンスが重要です!

お口の中の衛生管理や定期検診はインプラントを維持していく上でとても重要です。
治療後はしっかりプラークコントロールをし、必ず定期検診を受けましょう。
flash

このページにはMacromedia社のFlashを使っています。
ご覧になるためには、最新のFlash Playerをダウンロードしてください。

CT検査

インプラント埋入部の骨の量や状態、傷つけてはいけない神経や空洞を確認するためにCT検査を行います。骨のない部分(白い太い矢印)の把握、適切なインプラントサイズを検討します。
骨の足りない部分には骨造成手術を行うことで対応できる場合がありますが、すべての方に可能というわけではありません。手術の安全が第一だと考えています。

手術風景

インプラント埋入手術については、一般診療室とは隔てられた手術室で行われます。使い捨ての手術着を用いてできる限り清潔な環境で手術します。

症例紹介

上顎フル

上顎の歯がずべてない、インプラントでは最も難しいといわれている症例です。
部分入れ歯を使用されていましたが、歯が全部なくなったをのを機にインプラントにされました。
機能的にも、審美的にも大変満足されています。

インプラント義歯(磁性アタッチメント)

上顎の総義歯の補助のためにもインプラントは有効です。
義歯に磁石を、インプラントに磁石に引っ付く金属を入れることで、1本当たり約500gの維持力が発揮されます。この場合は3本で1.5kgの力が出ます。経済的理由や、上顎の骨が少なく埋入本数が限られる場合に有効です。MRI撮影の時には義歯および、インプラントに付いた影響を与える金属を取り外すことができますので、その点でも安心です。

TOPへ戻る