お問い合わせはお気軽に 電話番号0797-78-1184 

平日/10:00~13:00、15:30~19:30
土・日(隔週)/9:00~12:00、13:30~17:00

休診/金曜午前、月曜・祝日、第1・3土曜・第2・4日曜

宝塚市 一般歯科 矯正歯科 インプラント 審美歯科 予防歯科

歯周病治療

QRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

歯周病治療ガイド

歯周病について

歯周病は歯を支えている骨が溶ける病気、ほっておくと歯がなくなります!
30歳以上の85%が歯周病にかかっています。
早い人では10代からこの病気にかかり始める場合もあるのです。

軽度な歯周病であればすぐに治ります。中等度から重度の歯周病治療では1年以上かかることも珍しくはありません。
残った歯を残すためには、歯周病以外に噛み合わせ、歯並びに対してもコントロールや治療が必要になる場合もあります。
また、近年ストレスや喫煙、食生活などの生活習慣とも密接に関わりあっていることがわかってきました。

歯周病とはこう戦え!(炎症・力のコントロール、歯周病と全身疾患の関わり)

炎症のコントロール

歯周病の発症は、歯周病菌の感染によって起こります。
歯周病菌は鎧を着ていたり(プラーク=バイオフィルム)、住みか(歯石,歯周ポケット)にいるため抗生物質が効きません。ハミガキや歯石除去などの機械的な除去が最大の武器です。でも磨きにくい部分で隠れて増殖します。

歯周ポケットの中や不適合な冠、歯と歯の間(歯列不正)やブリッジの下が大好きです。磨きやすい環境を整えることが長い目で見て重要です。また歯周病菌の援軍である歯をゆする力、食片の圧入、タバコ、糖尿病はなんとしても断ち切らねばなりません。すごい速度で歯周病を悪化させますから。戦いの後は、メンテナンスが歯周病菌の反撃の芽を摘みます。

力のコントロール
特定の歯に強い力がかからないように、噛み合わせの調整、ハギシリ・くいしばりから歯を守る装置(ナイトガード)を入れる。
歯周病と全身疾患の関わり

ごく普通の歯周病の存在が全身疾患のリスクとなります。
5mm以上の歯周ポケットの歯が20本以上あれば、手のひらサイズの潰瘍があるのと同じで、その潰瘍の上に多数の細菌が乗っているのです。

歯周病が心内膜炎、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、肺炎、低体重児出産、早産、糖尿病患者の血糖値のコントロールの不全などと関連があること、歯周病の炎症の持続が全身疾患発症のリスクとなるということも近年わかってきてます。

歯周病治療の流れ

プラークコントロールについて

歯周病の原因は口の中の細菌のかたまり(プラーク:歯垢)です。毎日のブラッシングでていねいに歯垢を取り除くことが大切です。ただし、「磨いている」と「磨けている」は異なります。当院では患者さんの口腔内に応じたブラッシング指導をさせていただいております。

スケーリングについて

歯ぐきより上の歯面に付着した歯石、プラークなどをスケーラー(超音波、手用)を用いて機械的に除去します。

SRP(スケーリング・ルートプレーニング)

歯ぐきより下(通常見えません)歯面や根面に付着したの歯石プラークなどを除去するとともに、歯周病菌に汚染された歯質を除去して硬く滑らかな根面にします。繊細な根気のいる作業です。

SRP後の知覚過敏について
汚染された歯質が除去され、象牙細管(歯髄につながる微細な管)が露出することで起こります。通常は1週間がピークで象牙細管が石灰化して2~3週間で消失します。
麻酔の使用について
深い歯周ポケット底のSRPは多少の痛みを伴いますので、状況に応じて麻酔をしてから処置を行う場合もあります。

歯周外科手術について

残念ながら歯周基本治療(プラークコントロール、スケーリング、SRP)で改善されなった部位に対して行います。歯周外科手術は、切除療法(不良な歯肉や深い歯周ポケットの切除)、再生療法(GTRやエムドゲインによる歯周組織の再生)。歯の分割治療などを行うことで炎症部をとり除き、歯周組織の治療に向けての改善が目標です。
その後、噛み合わせの再構築などを経て終了、メンテナンスへの移行となります。

メンテナンスについて

歯周病は長年の生活習慣を経て進行しているため、治療と治癒には多少時間がかかるうえに、患者さん自身のプラークコントロールが治療の結果を左右します。

歯周治療が終了しても、治療後のプラークコントロールが悪ければ再発します。患者さん自身のホームケアと、歯科医院での定期的なプロケアで予防と管理が必要です。

メンテナンスの期間

平均的には3ヶ月ごとに行うことが望ましいとされていますが、この間隔は状況に応じて変更が必要となります。深いポケットが残存する場合や磨きにくい部位があるとか、ハギシリがあったり噛む力が強い場合とか、唾液検査により歯周病リスクが高いと判定された場合などは1~2ヶ月の間隔が望ましいでしょう。

症例紹介

■歯周外科手術の一例
歯周基本(初期)治療だけは効果が限定的な場合や、有効性が期待される場合は手術を行います。骨の再生を期待してエムドゲインというgelを使用する場合もあります。

TOPへ戻る